陰茎増大手術の方法をしっかり理解しましょうの巻

ペニスを大きくする方法として、陰茎増大手術があります。
この手術を行うことで以前より大きく硬いペニスにできますが、副作用などのリスクが生じることもあります。
そのため、陰茎増大手術の内容をしっかり把握しておくことが大切です。

陰茎増大手術「マクロレーン」

マクロレーンの方法ですが、こちらは持続型ヒアルロン酸であるサブQを陰茎に注入する手法です。
陰茎そのものは、思春期を過ぎると自然に大きく太くなることはありません。
そのため実際に陰茎を太くするには、何かしら注入する必要が出てくるのです。
その方法の一つが、このマクロレーン手術になります。
この手術は注入だけの行為ですので手術時間も短く、ダウンタイムも多くありません。
ヒアルロン酸は効果が持続しやすいのが特徴ですが、当然のことながら永続的なものではありません。
そのため数ヶ月から2年程後に、追加注入を行うこともあります。
そして陰茎の形が気に入らない方は、ヒアルロン酸分解注射によって溶かすことも可能です。

陰茎増大手術「パーフォーム」

パーフォームはその名前の通り、陰茎部にパーフォームを注入する方法です。
パーフォームは「バイオアルカミド」とも呼ばれており、インプラント治療にも利用されていますので、ご存知の方も多いことでしょう。
こちらも注入だけの行為ですので手術時間が短く、ダウンタイムも少なくなります。
また、その持続期間が5年以上と長期間の効果も期待できます。
しかし、ヒアルロン酸と異なり分解できませんので、元に戻すことが難しいと言われています。

陰茎増大手術「脂肪注入法」

脂肪注入法は注入製材ではなく、患者さん自身の脂肪を採取して注入します。
この方法は、生着すれば永続的な効果を期待できますが、一回の注入で満足できないこともあります。
その理由としては、脂肪の生着率が挙げられます。
脂肪の生着率は個人差がありますので、事前のカウンセリングでしっかり確認しておきましょう。

・陰茎増大術の副作用・合併症など
陰茎増大の手術は陰茎体の太さを出す方法ですが、包皮の余り部分の状態次第では、形が悪くなるケースがあります。
その他にも凹凸感、しこりなどを生じる場合もあります。
ですので、これらのリスクもしっかり頭の中に入れておくことが大切です。
またリスクが気になる方は、安全で手軽に始められるペニス増大サプリなどを利用しましょう。

ペニスを大きくする方法として陰茎増大手術がありますが、副作用や合併症などのリスクがあります。
そのため手術のリスクが気になる方は、まずはペニス増大サプリメントから始めてみるのも、一つの方法だと言えます。