亀頭増大手術にはそれなりのリスクもあるの巻

勃起不全や短小の悩みをお持ちの方の中には、亀頭増大手術を考えている人もいるでしょう。
手術であればすぐに希望の大きさにできますが、その前に安全性についての認識も求められます。
まずは、その内容把握から始めましょう。

亀頭増大手術について

ペニス増大手術の方法として、「亀頭増大手術」があります。
亀頭増大手術というのは、亀頭に本来のハリを持たせるために行う方法です。
この方法で段差が強くなりますので、パートナーにも安心感や快楽感などを与えることができます。
亀頭そのものは思春期を超えてからは大きくはなりませんので、大きくする際は何かしらの注入などが必要です。
亀頭増大手術では、その多くは亀頭のカリ部分を中心に注入製材を注射して処置します。
この手術を行うことで、見た目のコンプレックスの解消や外部からの刺激にも強くなるなどの効果を期待できます。
また外的からの刺激に強くなりますので、早漏防止にも役立ちます。
当然これらメリットには個人差がありますが、多くの人たちが効果を実感しているようです。
さらに包茎手術をした後の敏感さを調整するためや、包皮が戻りにくくなるメリット活かして、包茎手術と一緒に行う人もいます。
しかし、包茎手術を行うと全体的な感度が下がる場合もあるようです。

亀頭増大手術の製剤の種類

亀頭増大手術では、亀頭のカリの部分に様々な製剤を注入します。
クリニックやオペの方法、ペニスの状態などによって製剤は異なりますが、施術の簡便さを優先することも少なくありません。
そのため脂肪注入より、専用の注入製材を用いることが多いです。
注入製材の注入する方法はどれもそう大きな差はありませんが、注入製剤の種類によって差が出てくることもあります。
気になる方は、一度ドクターに相談してみると良いでしょう。

亀頭増大術のリスクについて

亀頭増大手術には、副作用や合併症などのリスクがあります。
具体的な症状としては、腫れ、内出血、色素沈着、皮膚の血行障害、アレルギー反応などです。
こちらも個人差がありますが、起こる可能性があることをしっかり認識しておく必要があります。
そのため、リスクが気になる方は安全で手軽にスタートできる、ペニス増大サプリもオススメです。

ペニスを大きくする方法として亀頭増大手術がありますが、効果がある分リスクが生じることもあります。
そのため、事前にしっかり確認しておく必要があるでしょう。
気になる方は、手軽に始められるペニス増大サプリメントを試してはいかがでしょうか。